使いこなせば楽しい、SNSの入門篇!

>

SNSってどういうもの?定義から考えよう

文章で送り合う、一番手軽なSNS

SNSを使ったことがなくても、電話やメール、手紙などを利用したことがある方は多いのではないでしょうか。
文章でやりとりをするSNSはこうした媒体と似た特性があり、比較的親しみやすいものではないかと思います。

例えば、LINEなどに代表される一対一のSNSは、連絡先を交換した相手と文章で構成される会話、「チャット」を通して、現在進行形のやりとりを行うことができます。
LINEには通話機能もあり、肉声での会話も可能です。

ほかにも、文章系のSNSは存在します。
twitterのようなつぶやき系の媒体は、一対一のチャットの会話の他に、誰もが読める短文の記事の投稿ができます。
Facebookは世界最大規模のSNS媒体です。
実名登録の義務があることが特長で、同級生など昔の友達を見つけることができます。
mixiやGREEなどのブログでは、不特定多数の人に読んでもらえる自分だけの文章のサイトを作ることができます。

文章だけじゃない、コンテンツで語ろう

SNSは文章だけでなく、様々なコンテンツを通してのコミュニケーションを図ることもできます。

画像を使ったSNSの例には、インスタグラムやピクシブなどがあります。
インスタグラムは写真を通してやりとりができるSNSで、お気に入りのファッションや旅行先の美しい風景、自慢の手作り料理などを投稿する人が多いようです。
ピクシブは漫画やイラストなど、自分で描いた作品を投稿することができます。

動画を使ったSNSは「ユーチューバー」などの存在で、有名になってきています。
Youtubeやニコニコ動画などの動画投稿サイトが有名です。
Youtubeは実験や食リポ、メイク動画などが世界各国から寄せられ投稿されています。
ニコニコ動画は日本の動画が多く、動画の上に重なる形でコメントが流れるのが特長です。

実際に投稿せずとも、閲覧やコメントをすることでもこれらのSNSを楽しむことができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る